logo-sm

お電話はこちら 03-6912-0139

デザイン&Web

選ばれる理由

アウルキャンプを知るお客様は、「フットワークが軽いですね」と口をそろえて評してくださいます。

フットワークが軽ければ、お客様のリクエストにすばやく、鋭くお応えすることができます。お客様の問題や課題への対応は早ければ早いほど、お客様のビジネスチャンスを逃しません。

もっとも「早かろう、まずかろう」では意味がありません。スピーディに、それでいてハイクオリティであること。アウルキャンプのフットワークには、この両方が備わっているよう、常に高い意識でタイムマネジメントを行っています。

なぜ、アウルキャンプのフットワークに一日の長が見られるのか。理由は明確です。例えば、WEBに関しては、経験豊富なエンジニアとデザイナーという制作の両輪が常にタッグを組み、デザインからサーバ管理までミッションに挑むチーム体制を常在化しているからです。

サービスの特徴

アウルキャンプでは、WEB制作・運用全般において、制作コストだけでなくランニングコストを抑えるための施策を徹底して行っています。「コストを抑える」という表現をすると、想像されやすいのが次のようなものです。

「安いということは、雑なつくりではないのか?」

「こちらの要望を聞いてもらえず、固定デザインやフォーマットを押し付けられるのではないか?」

「運用に対して適切なアドバイスやフォローがもらえないのではないか?」

結論から申し上げますと、これらすべての不安は杞憂に終わります。つまり、答えは「NO!」です。

例えば、サーバ関連に関しては、カスタマイズがしやすいWordPressと相性がよく、かつ低コスト、高パフォーマンスで知られるパートナー企業と提携。オール・イン・ワン・パッケージだと一般的にはコストが割高になりやすいのですが、カスタマイズの自由さを担保しながらコストを抑えることに成功しています。

また、コーポレートサイトほか、上流の要件定義の段階から参画することも可能です。緻密なヒアリングと提案で、サイトイメージの具現化の段階からローンチまで安心のサポート体制を有しています。

お客様の声

私たちのサービス

catalog catalog-hv

パンフレット
・カタログ制作

close 閉じる

パンフレット・カタログ制作

パンフレット、カタログ制作において、最重要になるのはそのクオリティです。企業が身にまとう「ドレス」や「スーツ」ともいえるパンフレット、カタログ。高いクリエイティビティを感じられないツールになってしまうと、会社の信用やブランド価値にさえマイナス影響を与えてしまいます。

アウルキャンプでは、すべてのパンフレット、カタログ制作を紙媒体の特性と読者心理を知り尽くしたデザイナーや編集者、コピーライターが手掛けております。制作陣営も充実しており、社内外の、経験と実績の豊富なクリエイターとパートナーシップを構築しております。

優れたクリエイターによるアウトプットによって、企業のイメージや好感度を倍増させるクオリティのツールをお手元に保有していただけます。

design-icon design-icon-hv

ロゴ制作

close 閉じる

ロゴ制作

アウルキャンプでは、コーポレート・ロゴのデザインを承っております。

ロゴは、永年に渡って企業の顔となり、お取引先様や消費者へ特定の印象を与える重要な要素です。そのロゴを手掛けるにあたって、アウルキャンプでは当該企業様のことを深く理解しながら最適な印象構築のための提案をすることができる、経験豊富なロゴデザイナーを在籍させております。

ロゴ専門のデザイナーとして20年のキャリアを誇るスタッフを筆頭に、数々の企業様のブランド構築をサポートしてきたロゴのプロフェッショナル。そんな頼れるクリエイターたちが、一社一社のデザインに、培ってきたすべての技術と知識を余すことなく注いでおります。

web-design web-design-hv

Webデザイン制作

close 閉じる

Webデザイン制作

アウルキャンプでは「お客様からヒアリングしたスタッフが制作や修正までも自分で担う」というスタンスをとっています。したがって、営業セクションと制作セクションが情報の受け渡しを行うような一般的な制作陣容からすると、一社様に関わる人数は「少数精鋭」と言えるかもしれません。

なぜ「少数精鋭」にこだわるのか。そこには明確な理由があります。

関わる人数が多くなれば、当然ながらそこに複数の意思伝達の必要が生じますが、少数であれば意思疎通で漏れや間違いというリスクを減らすことができるうえ、フットワークも軽くなります。つまり、お客様のご要望を間違いなく、素早く成果物へ反映しやすくなるのです。

また、コスト面でも、大人数より少人数のほうが、お客様が抱える費用的負荷を軽減させることが可能になります。さらに言えば、少人数のほうが、お客様とのコミュニケーションをより深めやすく、顧客理解の面でもブレやズレがなくなりやすいというメリットがあります。

「少数ではあるが精鋭」ではなく「あえて精鋭を少数にし可動力をアップさせる」というのがアウルキャンプの流儀なのです。

cms cms-hv

CMSカスタマイズ

close 閉じる

CMSカスタマイズ

アウルキャンプの制作したWEBサイトに触れたお客様からは、必ずと言っていいほど「使いやすい」というお言葉を頂戴しております。

サイトデザインやUIがご好評であるだけでなく、お客様側のご担当者様が「お知らせ」などの最新情報をアウトプットする際、機能面での「扱いやすさ」も重視したつくりになっているからです。

一昔前と違い、企業の情報発信頻度は高まり続けており、製品やサービスの情報だけでなく、CSRや株主へのメッセージ、質問と応対など、さまざまな情報をオンタイムで発信していくことが求められています。

お客様側でサイトを動かすにあたって、CMSを活用するほか、ユーザビリティの面で常に満足感をお持ちいただきたい――アウルキャンプでは、扱いやすくするためのカスタマイズに一切の妥協をいたしません。

maintenance maintenance-hv

ホームページ運用保守

close 閉じる

ホームページ運用保守

コーポレートサイトを筆頭にWEBサイト全般では、制作プロセスやその出来栄え(クオリティ)も重要ながら、本当に大事なのは構築した後の保守運用の過程です。

目まぐるしいスピードで変容を続けるビジネスシーンを前に、「一度作り上げたサイトを未来永劫大事にする」という考え方は、もはや過去のものと言えるでしょう。シーンへの対応、商品やサービスの進化によって、企業が発信するべき情報は常に変わり続けているのです。

時間経過とともに適合性の薄くなった情報を、誰がどう扱うのか。アウルキャンプでは、このお客様側の負担を軽減すべく「攻めの保守運用」を掲げております。

定量的な保守運用費の中、また定期的なヒアリングの中で、企業様にとって最適な情報の出し方や見せ方を常に提案し続けていくこと。常に改修必要の有無に目を光らせ、デザインやUIの使い方においても、より発展的に提案し続けること。

これがアウルキャンプの「攻めの保守運用」です。

お見積もりのご依頼・ご相談はこちら