logo-sm

お電話はこちら 03-6912-0139

ブログ

WinMargeで保存時に黒い線が出てきて焦った

2021.09.29

WinMargeはWindowsを使っていれば使ったことある人が多いのではないでしょうか?

最近、現場で働いている時WinMargeで差分を確認しながら必要な箇所のとり込みをしている際、保存時に急に黒い線が出てきて、それも差分以外の文字が消えるという現象が起こりました。

普段のWinMarge

なんかやっちゃった時のWinMarge。

ちょっとびびりました。

WinMargeを再度立ち上げても直らない。

編集→設定から設定をリセットしても直らない。

色々調べて何が起きたかわかったので同じように困った人にこれを残します。

一体何をしてしまったのか?

原因

保存時に
ctrl+s

の他に指が滑って
ctrl+d

も押してしまっていたのが原因でした。それにより「diff コンテキスト」が作動してしまった。

 

diff コンテキストという表示方法

ctrl+dというショートカットを押すと表示方法が「diff コンテキスト」というものに切り替わる設定らしい。
0行、1行〜9行とあります。

デフォルト値は 「全行」

どうやら「全行」から切り替わったのが原因でした。

diff コンテキストとはどんな時に使うのか?

差分のみ表示させ差分のない箇所に関しては表示を消す、または少なくするためのものです。

「全行」は差分のないところまで全て表示
「0行」は差分のみ表示。
「1行」は差分+差分の内行を前後1行ずつ表示。
「2行」は差分+差分の内行を前後2行ずつ表示。

行数が増えるごとに前後の表示行が増えるようです。

ちなみに黒い線は省略していることを表す線でした。

黒い線が急に出てきて困っている方は「diff コンテキスト」の設定が変わっているのかもしれません。

WinMarge現場に入った時から使い続けていますが色々なことができるんだな〜と再認識いたしました。

関連記事

  • https(SSL化)してあるのにhttpがgoogle検索にindexされていた時の対処法
    最近私のWordpressのサイトでhttps(SSL化)しているにもかかわらず httpのURLがGoogl […]

    2021.09.29

  • WordPressで使っていないCSSを削除する方法
    ファイルを軽くするために使っていないcssを消す必要がある場合があります。 今回ある仕事で大量にページを削除し […]

    2021.09.29

  • androidアプリ 開発環境構築について
    私たちが普段使っている、スマートフォンアプリ。自分でも作ってみたい!と思ったいる方は多いのではないでしょうか? […]

    2021.09.28

  • パートナー

  • 人材育成